給水管改修工事

経年劣化に伴う修繕と聞くと塗装や防水改修などをイメージする方が多いと思いますが、 給水管の劣化が原因による「漏水や水の出が悪いなど」多くのトラブルが発生しております。
毎日使う水をトラブルなく清潔な状態を維持していくために、最善なご提案をさせていただきます。

給水管更生工事

既存の給水管の内部の錆コブをおとし、腐食の進行を止める防錆被膜を形成する工法です。これにより15~20年の延命が可能といわれています。床下・天井裏や壁内部に隠ぺいされた管も、更新工事のように壁や床をはがす事なく作業を行えるため工事費用を低く抑えることができます。
最新工法「NPBⅡラピット工法」では、1日で工事が完了しますので、断水も在宅も1日(9:00~17:00)となり、居住者様も安心の工法です。

給水管更新工事

内部が腐食している古い給水管を新しい管に交換する工事です。給水管や蛇口を新品に交換するので清潔な水を使用できるようになるのはもちろん、管や継手などを昔の材料に比べて腐食しにくい最新の材料を使用するため、工事以後の腐食の進みを抑え給水システムの寿命を延ばすことができます。また、リフォーム工事と同時に行えば効率よく建物の資産価値を高めることができます。

このページの先頭へ